naruhisa1のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 姫川 玲子警部補

<<   作成日時 : 2009/12/22 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ストロベリーナイト (光文社文庫)
光文社
誉田 哲也

ユーザレビュー:
印象に残らない私は全 ...
浅い確かにグロい描写 ...
気持ち悪いという以外 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ソウルケイジ (光文社文庫)
光文社
誉田 哲也

ユーザレビュー:
誉田さんの作品を初め ...
最後まで退屈しない。 ...
Gはほどほど!魂のオ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

息子に
「何か 私が読める本 ないかな」
と聞いたら
「今 これしかない。先にストロベリー ナイトを読んだ方がいいよ。」
ということで2冊借りてきた。
 ストロベリーナイト 最初の一ページを読み始めて  ううん これ 見たことある。たしか 私 読んだ。そう いつか忘れたけど、そんなに前ではないはず。池にビニールシートにくるまれた遺体。事件は凄惨だけど 姫川 玲子初め登場人物が印象に残っている。
 まさか ソウルケイジも読んでないだろうなと 読み始めたが こちらは まだ読んでなかった。事件の背景に 実際 今 私の知らないところで こういう現実もあるのかもしれないな と思いながら、今回も 登場人物のそれぞれの個性が私の気持ちに残っている。みんな それぞれの現実を持ちながら でもそれは他人には話せることでもないし、話しても理解できるものでもないし、そんな現実を抱えながら 働き 生きていく。
 今日 テレビの特集で 世田谷の一家四人殺人事件の遺族 夫のお母様がでておられた。孫達のことを 思い出すのが辛く、週に数回 遠くの畑に行き ただひたすら雑草を抜き続けていらっしゃるという。玲子も また 自分の過去を抱えながら ひたすら捜査にうちこんでいるのかもしれない。
 
 ふと 自分が仕事にのめり込む そんな時間も思いながら 読み終えた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
姫川 玲子警部補 naruhisa1のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる